七生報国 天皇陛下万歳

昭和維新の春の空 正義に結ぶ丈夫が  胸裡百万兵足りて 散るや万朶の桜花

Category [教育批判 ] 記事一覧

スポンサーサイト

国民教育の再生こそが喫緊の課題

昨日は、伊勢神宮内宮、市営駐車場周辺で、「尖閣を守れ!」街頭署名活動を行った。 今回の活動は、県民、県関係者でのみ行ったので、参加者は私を入れて6名であった。 昨日の大地震で参拝客は少ないかと思ったら、いつもの土曜日と変わらないほどの人出であった。 ところが、尖閣事件への関心が薄れたのか、無関心な者が圧倒的であった。 中には、チラシは受け取ったが署名を頼むと「もう随分前のことなのに、無駄ではないのか。...

三教組センセーの特徴 私生活編

我が居住区にも三教組センセーは多い。教育公務員は「世襲制」なのかと思うほど、家族ぐるみで三教組センセーという家庭も多い。一例をあげると、祖父母は元教育公務員。両親は現役。そして、息子は某大学の教育学部で学ぶ家庭。祖父母はそうでもなかったらしいが、両親は組合活動に熱心である。母親の方は一昨年まで、三重県人権センターで「ヤミ専従」していた。父親の方も「同和教育推進教員」を勤め、三教組の用心棒かと思わざ...

三教組センセーの特徴 喫煙事件編

二男が小学4年生の時、僅か10名の少人数学級にも関わらず、学級崩壊寸前であった。まず、不登校の児童が、男子も女子も一名ずついた。そして、喫煙騒動もあった。四年生の児童達が地域にある自動販売機で煙草を購入し、ある地区の公民館裏で喫煙していたと、目撃した地域住民から学校へ通報があった。通報を受けた学校側が早速、喫煙した児童を捜したら、不登校の二名を除いたあとの八名全員が喫煙したというのだ。無論、我が息...

三教組センセーの特徴 反自衛隊編

三教組センセーは、異常なほど自衛隊を嫌う。二男が中学三年生の時、担任に「自衛官になりたい。」と言ったら、「お前は戦争で死にたいのか!」と一喝され、「お母さんに聞いてみろ。必ず反対されるぞ!」と断言したと言う。早速、お母さん(私)は学校へ・・・。「なぜ、自衛官になることを反対しなきゃいけないのですか?私なら賛成しますけど。」と、尋ねた。センセーは言った。「自衛隊は戦争するので危ないですよ。やめさせる...

三教組センセーの特徴 地域活動編

我が息子達の小学校、中学校では、地域の学校教育支援者が「生きる力を学ぶ」と題して、子供達に自身の体験を話し、率直な意見交換をするという、有難い授業があった。ご多忙にも関わらず、度々、学校に来ていただいては、その貴重な実体験に基づいて、子供達に「生きる力」を与えて下さるのである。しかも、有難いことに無償の協力である。その有難い支援者がどのような基準で選定されているのかは、まったく明らかにされていない...

左サイドMenu

プロフィール

長鯨

Author:長鯨

最近の記事

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。