七生報国 天皇陛下万歳

昭和維新の春の空 正義に結ぶ丈夫が  胸裡百万兵足りて 散るや万朶の桜花

Archive [2007年05月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

式年遷宮のお木曳きと母の日

昨日、皇學館大學の学生である我が家の長男が、「お木曳き」に参加した。初めは、日曜日の早朝に集合することや、白装束というスタイルを嫌がっていたようであるが、帰宅後は「参加して良かった。充実感を味わえたから。」と言っていた。20年に一度の式年遷宮であるが、次の遷宮の時に私は生きているであろうかと考える時、「伝統の継承」ということの重みを感じずにはいられない。何はともあれ、長男のお木曳き参加が無事に終了し...

痴呆選挙2

昨日の続きであるが、今春の三重県議選では、高得票で当選を果たしたのはみんな組織を持つ候補であった。公明党、連合候補が上位を占めるのは全国的なことであるが、三重県の特徴は日教組内部候補が有利な選挙戦を展開し、上位当選を果たすことである。昨年末に教育基本法が改正された。教育問題に関心の高い者には画期的なことであった。この改正に日教組はトコトン反対し、教育者にあるまじき反対運動まで起こし、教育に携わる者...

痴呆選挙1

今年は統一地方選挙の年であった。我が三重県も県知事、県議選があった。居住区の津市は平成の大合併で、10市町村の寄り合い所帯である。昨年の2月には、一足早く市議選もあった。有権者数など詳細は知らないが、かなり広範囲に渡る選挙戦を戦わねばならない候補者は、さぞや大変であろう。自ら立候補したこととは言え、気の毒なことである。一番大変なのは、公設掲示板に公示用ポスターを貼らねばならないことだろう。広範な市...

2ヶ月の空白???

長く更新せず、半ばはブログのことを失念していたようであったが、ここもと2ヶ月、なかなか面白いことにいろんなトラブルに巻き込まれていた。まず、地方選挙の件。まったく「痴呆」選挙かと思うほど質の悪い候補者ばかりであった。これについては追々に書くことにするが、今日は一番良かったことを書こうと思う。それは、改定後はじめて「昭和の日」を迎えたこと。私はなぜか昭和天皇が、不敬な言い方であるが「大好き」であった...

左サイドMenu

プロフィール

長鯨

Author:長鯨

最近の記事

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。