七生報国 天皇陛下万歳

昭和維新の春の空 正義に結ぶ丈夫が  胸裡百万兵足りて 散るや万朶の桜花

Archive [2010年06月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

打倒!民主党!組合員よ、目を覚ませ!

菅総理は、消費税の引き上げを口にする資格がない。 増税を言うのならその前に、財源無きばら撒き政策をやめろ! 所得制限無しの「子供手当て」、「高校無償化」などの悪質なばら撒きをしておいて、何が「消費税は10%に・・・」なのだ。 私のような一介の主婦であっても、財政破綻の危機が目前に迫っていることは承知している。 少子高齢化による税収減と社会保障の増額で、消費税率の見直し、引き上げは、避けて通れない問題で...

参院選を睨む

最近、民主党の参院選候補は皆、 「菅新総理になってから、有権者の対応が激変しました。以前は冷たい対応を取られることが多かったのですが、最近では温かい激励の言葉を頂戴しております。」と、喜びの声をあげている。 新人候補ならいざ知らず、改選組からこんな声が出るとは、民主党という政党が「選挙(だけ)重視」であることがよくわかると言うものだ。 改選組達はこれまで、小鳩政権を内部批判していたのか? 唯々諾々と、...

政調復活は民主党瓦解の一里塚となるのか?

菅政権に於いて、小鳩体制が廃止していた「政策調査会」を復活させた。 小沢が政調を廃止したのは、民主党の体質をよく理解していたからである。 この政党には、立党宣言がないそうだ。 つまり、寄せ集め集団であるが故、共有する政治理念というものが無いのである。また、個々の政策においてもふり幅が大きく、一例を挙げれば、護憲九条支持から改憲自主防衛を支持する者まで所属しているため、国の根幹に関わる事柄で、天と地ほ...

真の敵は、民主党の支持団体

迷走による支持率急落で、ついに小鳩政権は終焉を迎えた。 「政治と金」、「普天間基地移転問題」、「社民党との連立解消」などが辞職に至った理由だと言う。 しかしながら、「これで民主党もよい方向に変わるだろう。」などと思うのは大間違いである。 民主党という政党が抱える大きな問題は、個々の議員の資質が原因ではなく、その支持団体に起因するものである。 旧社会党の議員と合流した時から、民主党は「労組との癒着」とい...

左サイドMenu

プロフィール

長鯨

Author:長鯨

最近の記事

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。