七生報国 天皇陛下万歳

昭和維新の春の空 正義に結ぶ丈夫が  胸裡百万兵足りて 散るや万朶の桜花

Archive [2011年07月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

市民の党に渡った金の行方

産経新聞に度々掲載されているが、菅直人総理の資金管理団体「草志会」から計6250万円の献金が「市民の党」に渡っていたらしい。 この「市民の党」には、拉致事件で結婚目的誘拐容疑により国際手配されている森順子容疑者と、よど号ハイジャック犯の故田宮高麿元リーダーの間に生まれた長男(この男は今年4月の三鷹市議選に出馬したが落選)が所属している。 この6250万円の行方を調べてみる必要があると思う。 ここで私が疑念を...

菅直人の本質

なぜ、ここまで叩かれながら、菅直人は総理を辞任しないのか?それは彼の本質が政治家ではなく、「運動家」であることに大きな原因があると思う。政治家というものは、その立脚点が有権者からの支持である。多くの支持を得てこそ当選し、議席に座ることができるのだ。運悪く支持を失い、落選と言う憂き目にあったとしても、地道な活動を重ねて返り咲く事もできる。その際には当選回数のみが通算され、落選歴は目立たない。また、落...

民主党の政権運営に思う

ここ数日、大問題になっていた松本龍の言動の数々。 これは本人に問題があるだけではない。民主党所属議員の大部分が抱える問題であろう。 そもそも、民主党と言う政党は二大政党による「政権交代」を実現させるため、自民党に替わることができ得る、第二の保守政党を目指していたはずである。 ところが、当時流行っていた新党ブームで、多くのアカ議員が彼方此方の小政党に拡散されていた中、それらをも抱き込む形で民主党は結党...

左サイドMenu

プロフィール

長鯨

Author:長鯨

最近の記事

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。