七生報国 天皇陛下万歳

昭和維新の春の空 正義に結ぶ丈夫が  胸裡百万兵足りて 散るや万朶の桜花

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金賢姫との対面

本日、韓国釜山に置いて、金賢姫と田口八重子さんのご家族が対面した。

金賢姫と八重子さんのご子息である耕一郎さんが抱き合う場面では、思わずもらい泣きをする視聴者も多かったことと察する。

李明博氏が大統領に就任するまで、遡る事二代の大統領は「太陽政策」のもと、北鮮への対応が甘く、金賢姫も随分迫害されたとか。

田口八重子さんに日本人化教育を受けた金賢姫と耕一郎さんが対面し、当時の八重子さんについての話を実際に聞く事は、確かに重要なことであるが、これが今後の救出にどこまで結びつくのかは、定かではないようだ。

また、金賢姫は八重子さんだけでなく、横田めぐみさんの生存についても触れ、ご家族に希望を与える内容であったが、それを実際に検証することが、日韓両政府に出来得るのであろうか。

もし、今日の対面を解決への糸口とし、拉致問題進展の動きが出せないならば、ご家族を一時的に喜ばせるだけのイベントになってしまう。

両政府はこの機会に、全面協力体制で拉致問題完全解決へと突き進んでほしいものであるが、竹島への武力侵略等を見ても、韓国政府がどこまで信用に値するかは、おおいに疑問である。

歴史教科書問題、慰安婦問題を通じても、全く信頼できない韓国である。元々、我が国から「経済支援」を引き出すために、嘘八百を並べ立てるような国である。

現在、経済破綻による不景気に喘いでいる韓国が、何らかの意図を持って、この対面を計画したと考える方が、合点がいくと言うものだ。

金賢姫から熱望したと言われている対面であるが、その裏に韓国政府の思惑が絡んでいるのなら、彼女は過去には北鮮の工作員で、現在は韓国の工作員であると言ってもいいだろう。

しかし、一番の大問題は、解決に向ける日本政府の意欲である。
この重大事を何十年に渡って見向きもせず、北鮮との国交回復を睨んで、ようやく重い腰をあげた、そんな不甲斐無い我が政府の姿勢を、一番に疑わざるをえない私である。
スポンサーサイト

*Comment

NoTitle 

まことに仰る通りですね。

定期的に家族のご機嫌を取っているんですね。

近い将来に、ここまでやっても帰った来ないのだから、もういいですよ、満足しましたから終わってくださいという言葉を家族から引き出すためのパフォーマンスに違いないですね。


以前からみてます。いつも鋭いと思います。頑張ってほしいです。
  • posted by 〆奴 
  • URL 
  • 2009.03/14 00:59分 
  • [Edit]

NoTitle 

北鮮内部からの崩壊がない限り、奪還は難しいかも。
今、北鮮は衛星打ち上げと評してミサイルらしきをちらつかせているが、日米はこれをチャンスとして撃墜し北鮮にミサイルを撃ち込むべきであろう。
そうすれば戦争状態になり、そのどさくさにまぎれて拉致被害者奪還を実行するのも一つの手であろう。
難民が押し寄せてくる?いいぜwカモ-ン!!こい!こい!いつでも日本は難民たちを無償で受け入れてやるさ。
  • posted by 大日本・1銭銅貨・2009年 
  • URL 
  • 2009.03/13 21:11分 
  • [Edit]

 

小生は報道を見てて進展と捉えましたが、そう言えば解決策とは程遠いものだったと気付きました。家族の方には気の毒ですが、金賢姫からの情報で一気に進展するはずないですね。
  • posted by 三重県民 
  • URL 
  • 2009.03/12 21:27分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

長鯨

Author:長鯨

最近の記事

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。