七生報国 天皇陛下万歳

昭和維新の春の空 正義に結ぶ丈夫が  胸裡百万兵足りて 散るや万朶の桜花

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

呆れた津市職員

今春大学生になった二男が、セルフサービスのガソリンスタンドでアルバイトを始めた。
ガソリン代高騰の折、セルフサービスのガソリンスタンドは大流行である。様々な利用者の接客にあたる二男にとって、なかなかよい勉強になっているようだ。

ここで働くアルバイト店員は、学生ばかりではないという。
派遣切りにあった者、会社倒産の憂き目に会って失業中の者も多数いるそうだ。彼等は生活がかかっているため、のん気な学生アルバイトに比べて効率よく働くので、事業主側も重宝しているようだ。

ボヤボヤしてたらシフトに入れてもらえないとかで、二男もアルバイトとは言え、危険物取り扱いの資格を取得する計画をたて、「クビ」にならないための対策をたてているそうだ。

結構、結構。働いて初めて知る「勤労意欲」である。勉学に影響のない範囲でしっかり働いて、ぜひともアルバイト先で、無くてはならない存在となってもらいたいものである。

このバイト先で、先日とんでもないことが起こった。
お客が「金を入れたのにガソリンが供給されない。入金した一万円を返却しろ。」と苦情を言って来たのだ。セルフのスタンドはすべてコンピューター管理がなされていて、それは人出以上に正確だという。入金したなら、その記録は入金リストに必ずあがるのだが、どこを検索してもそのお客の入金記録は、まったく無い。そこで、盗難用のVTRをまき戻して確認したところ、このお客は入金する機械に近付いてさえいないことが発覚した。

そこで店長は、「お客様、入金されたのは勘違いではありませんか。もう一度よく、お財布なども確かめてもらえませんか。」と丁寧に聞いたという。

しかし、お客は頑として「一万円返せ。」の一点張り。最早これまでと、店長はVTRの件を説明し、これ以上返金要求をするのなら警察に相談すると言った途端、そのお客は車に乗り込み、猛スピードでスタンドを後にしたそうだ。

その数日後、アルバイトの初月給を手にした二男は通勤のため、私の友人のご子息から格安でミニバイクを譲っていただき、津市市役所の出張機関であるG町支所にて、諸々の取得手続きをした際、あの時のお客が職員として勤務していたのだ。

その職員は、二男の顔を見ても気付かず、何食わぬ顔で勤務していたという。私が見間違いではないかと確認したら、二男は「あの人は、はじめに僕に苦情を言ってきたから、絶対に顔は忘れない。特徴ある顔だから、間違いないよ。」と言い切った。

呆れたことである。
件のスタンドには、心ならずも失業した働き盛りの者が数名、アルバイトで凌いでいるというのに、公務員と言う保証された立場の者が、僅か一万円を得るために詐欺紛いのことをしている。

義憤に駆られ、思わずつるし上げてやろうかと思ったが、私が被害を訴える立場でないことに気付いたので辞めた。本来は二男のバイト先の店長が訴えるべき事柄である。後の判断は、そろそろ大人の仲間入りをしつつある二男に任せよう。

しかし、浅はかな詐欺を働かんとする職員が、今日も何食わぬ顔で勤務するG町支所管轄の地に住む私は、決して役所を信頼してはならないと、肝に銘じた出来事であった。
スポンサーサイト

*Comment

津市出身です 

こんなこともあるんですね。息子さんはその後、元気にやっていらっしゃますか?応援しています。
  • posted by  
  • URL 
  • 2011.11/13 14:14分 
  • [Edit]

NoTitle 

ここまで酷い者を雇用している津市に唖然とします。しかし、こんな者ほど役所内ではキチンと勤め、周囲を欺いているのでしょう。
  • posted by 東郷 
  • URL 
  • 2009.05/19 00:02分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

長鯨

Author:長鯨

最近の記事

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。