七生報国 天皇陛下万歳

昭和維新の春の空 正義に結ぶ丈夫が  胸裡百万兵足りて 散るや万朶の桜花

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

総選挙を睨んで

数多いる政治評論家が予測する総選挙の日取りであるが、確かなことはわからない。その時を決断するのは、麻生総理である。

しかし、もう間近であることは違いない。

またもや、支持率低下の麻生自民党が下野し、鳩山民主党の売国政権が誕生するのを、黙って見ているだけではいけないと考え、六月になってからは毎週日曜日の早朝に、外国人参政権反対はじめ、諸々のビラをポスティングしている。民主党が推し進めようと画策している政策が、如何に危険であるかを訴えるためである。

早朝5時から、各家庭のポストに配達されている新聞に挟みこんでいる。

これがどんな効果を生むかはわからないが、何もしないよりはマシだろう。

特に三重県は、皇大神宮が鎮座ましましているのに、県政は民主系の「新政みえ」に牛耳られ、三教組とイオングループが跳梁跋扈し、保守勢力は衰退するばかりである。

次の総選挙では、各選挙区で民主党候補が当選する恐れさえある。

私の居住区である三重一区に置いて、自民党候補である川崎二郎の評判は、すこぶる悪い。このセンセーは「親中の虫」というあだ名がついているくらい、支那礼賛者である。対立する中井ひろしセンセーは、旧民社党出身で、皇室への敬意は、川崎よりもずっとお持ちのようであるが、やはり民主党では支持できない。また、中井は拉致議連会長代行を務めているくせに、外国人の地方参政権付与の推進派である。

何れの候補が良いかと問われれば、どちらも悪い。
しかし、政権を民主党に渡さないためには、川崎を支持せざるを得ない。次の選挙は、今後の日本の行方を決すると考えれば、どんなに人柄が良くても、決して民主党候補に投票してはならない。

民主党に政権を渡した後、政界再編が起こるのではと、期待する者が結構いるようだが、そんな甘い期待をしていていいのだろうか。

党内は不協和音のオンパレードである民主党が、なぜ纏まりを維持して来れたのか。それは、政権奪取のためである。政権を執ったら、「大臣の椅子病」の者、「更なる利権獲得」を狙う者の群れである民主党議員の面々は、党内一致を取り繕うための「継接ぎ政策」で、国の舵取りを誤りながらも、政権の維持に努めるに違いない。

長年、権力を手にすることを熱望してきた者ほど、それを手離すことを嫌がるからである。「政権維持」の旗の元、我々が見どころありと思いこんでいた若手議員が、政治理念を左向きに変える可能性は「大」である。

国家が国民に提供しなければならない三つの大原則である、

「安全保障」は、党内一致が不可能で、

「教育」では、日教組に追従姿勢で、

「経済安定」に至っては、財源が曖昧すぎる。

こんな矛盾だらけの無責任政党に、国の舵取りを委ねようとする国民有権者が多数いるのだから、戦後日本の何もかもが、誤りだらけだったと言える。

兎に角、総選挙が終わるまでは地元に張りつき、民主党政権の誕生を阻止するために動きたい。

特に三教組王国、イオン王国の三重県に置いては、県内の保守勢力を結集して、何としても民主党政権誕生を阻止したいものである。

とは言っても、「私は保守だ。」と言いながらも、常に三教組やイオンの顔色を見ている者が多い県内の保守派は、どんな時でも愛国運動の動きが極めて小さいのが実情である。

ここは一番、御国のためという「大義」に目覚め、三重県保守陣営の根性をみせてほしいものである。
スポンサーサイト

*Comment

NoTitle 

いつもながら鋭いご指摘に、感心いたしております。

一度くらいならと言う甘い考えが大きな過ちを生むのです。村山談話もそのような甘い態度が原因でした。

絶対に過ちを繰り返してはいけません。
  • posted by 東郷 
  • URL 
  • 2009.07/06 23:58分 
  • [Edit]

NoTitle 

民主にはぉ沢爆弾が付いておる。
自民、かろうじて政権キープだろう。
それよりも、幸福の科学はどうよ?公明のパクリかよwwwww
  • posted by 大日本・1銭銅貨・2009年 
  • URL 
  • 2009.06/23 18:49分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

長鯨

Author:長鯨

最近の記事

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。