七生報国 天皇陛下万歳

昭和維新の春の空 正義に結ぶ丈夫が  胸裡百万兵足りて 散るや万朶の桜花

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「政権交代」を煽る無責任

テレビの報道、討論番組を観ていると、必ず「政権交代」という言葉が連発されている。今年の流行語大賞を受賞するのは、この言葉ではないかと思うくらい、一日に幾度も耳にする。

「政権交代」

確かに新鮮な響きがあり、これまでと違った何かが起こりそうな気がする。

しかし、これまで自民党政権下で、我々はそんなに不幸だったのだろうか。

また、交代先の民主政権は、我々にどのような幸福を齎してくれるのだろうか。

「これまでと違った何か」が良い事ばかりとは限らない。
そう考えれば、この言葉は極めて無責任であり、踊らされている国民有権者に警鐘を鳴らす必要がある。

その使命を担うのはメディアであると言えるのに、メディアは愚かにも民主党の僕となっている有様である。

野党である現在は、国を守るための重要法案に反対し、審議拒否がお家芸となっている民主党が、いよいよ政権を手にする日が近付いている。

これまで政権を担ってきた自民党に対して、さらなる批判を浴びせるばかりではなく、民主党マニフェストの実現性を検証することは、メディアの責任でもある。

その責任が果たせないなら、今後はお笑い番組やトレンディドラマのみ、放映することだ。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

長鯨

Author:長鯨

最近の記事

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。