七生報国 天皇陛下万歳

昭和維新の春の空 正義に結ぶ丈夫が  胸裡百万兵足りて 散るや万朶の桜花

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゾンビのようなあいつ

それはまさに、この戦いの大きな成果であった。

最も相応しくない人間を現場のトップに戴くという、究極の理不尽に耐え抜いた10ヶ月であったが、お天道様はちゃんとご覧になっているものである。

あぁ、やったと喜びに震えたのも束の間、ゾンビのように蘇ってしまった。

このゾンビを蘇らせたのは、やはり幾度か死んでも蘇ってきたゾンビである。

ゾンビのようなあいつ等・・・。

それは千葉景子、そして菅直人。ゾンビの上司は、やはりゾンビである。

現職閣僚が落選するとは、前代未聞の出来事である。
それはこの女が「外国人地方参政権」、「夫婦別姓」、「人権擁護法」という、国家を混乱、破壊させかねない、所謂「亡国法案」を成立させることに執念を燃やしてきたことに対し、国民有権者から「法務大臣に相応しくない!退場しろ!!!」と、NOを突きつけられたからである。

その民意をまったく無視し、法相続投を依頼する総理大臣、菅直人。
それを固辞することなく、落選した身でありながら、亡国法案の成立に執着する醜い千葉景子。恥を知らないとは、このことだ。

しかし今更、驚く必要は無い。菅直人こそ、真性ゾンビであるからだ。
鳩山政権下、副総理という要職にありながら総理を補佐することなく、ひたすら居眠りをして過ごし、あれほどゴマをすり倒した相手である小沢一郎をもすっぱりと見限って、満を持して総理の座を手にした男である。

自分では「奇兵隊内閣」と称して得意になっているが、「棚ボタ内閣」というほうが相応しいだろう。

「小沢が捏ね、鳩山が搗きし天下餅、座りしままに喰うは菅直人」ってところじゃないのかい。。。

これまでも民主党という政党は、党代表が降りては蘇り、蘇っては降りるの繰り返しで、ゾンビ集団と呼ぶに相応しい政党である。

今秋、大物ゾンビが再び、政権中枢に舞い戻ってくるという噂もあり、ゾンビ政党の面目躍如であろう。

この先、誰が総理、代表になろうとも「同じ穴のゾンビ」であることに間違いない。
スポンサーサイト

*Comment

はじめまして 

千葉景子。
倒されたのに起きあがってくるところまさに「ゾンビ」ですね。
民意は「NO」を突き付けたのに、これではもう何をかいわんやです。
こういう恥知らずな政党・政権は撃滅するに限りますね。

大物ゾンビ・・・あのつら見たくないですね。
  • posted by 見張り員 
  • URL 
  • 2010.07/17 08:37分 
  • [Edit]

NoTitle 

あの女系固執主義者の漫画家小林某もさぞ悔しいだろうにw
  • posted by  
  • URL 
  • 2010.07/14 13:56分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

長鯨

Author:長鯨

最近の記事

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。