七生報国 天皇陛下万歳

昭和維新の春の空 正義に結ぶ丈夫が  胸裡百万兵足りて 散るや万朶の桜花

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

堕ち行く日本

九月になってもまだまだ暑い日が続いている。
残暑厳しい中、民主党は代表選のまっ最中である。

菅直人対小沢一郎。

民主党の非常識さは、当にここに極まれりである。

僅か三ヶ月前、参院選でも国民から選ばれるために、鳩山と小沢は第一線から退くのが適切との判断で、鳩山は総理を辞任、小沢も幹事長を辞したはずである。

それをあろうことか、またまた代表選に出馬する小沢、それを歓迎し熱烈支援を表明する小沢派議員の面々。
そして、対立する菅を支援する者は一様に「総理がコロコロ替わるのはよくないから。」という、消極的な理由を述べている。

また、過去の人であるべき鳩山は、恥ずべき辞任であったにも関らず、厚顔無恥とはこの人のことかと思えるほど、代表選の命運を握るキーマンを気取っている。

総理となるに相応しい人物がいないことでは、自民党もご他聞に漏れずであるが、「日本を変える」と息巻いて政権交代を実現した政党が、こんなにも人材不足であることは、日本国民にとって不幸の極みであろう。

岡田克也や前原誠司などはこんな時、「吾こそは!」と立ち上がるべき人材なのに、低迷が打ち続く日本経済を睨んで、「今はまだ、手を挙げる時期ではないや。もう少し様子を見て、経済再建のメドが立つまで待とう。」と考えているのだろうが、そんな卑怯者にリーダーたる資格はない。

日本は経済大国にはなったが、常々、政治は三流といわれてきた。
政治的には「貧困国」と言っても過言ではない。

しかし、この政治的貧困を招いたのは、国民有権者なのである。

選挙の際、この国の行く末すら考えず、私利私欲を満たしてくれるであろう候補者に一票を投じ、当選後は「センセー、センセー!」と持ち上げ、その議員が得る利権のお零れに与ろうとする者は、支援者という名の便乗者に成り下がっている。

また、候補者も候補者で、有権者の目先に美味しい餌をぶら下げての支援依頼、当選後はそれに応えるべく、職業安定所紛いの職の斡旋、利権利益配分に余念が無い。

ありとあらゆる選挙の度にこんな構図では、日本が誇りある独立主権国家として歩めるはずがない。

政治家を含め、国民の規範意識は腐敗の一途を辿り、かつて世界を驚愕させた「道義大国日本」は、完全に崩壊しつつあると言えよう。

ストップをかけるためには、国民一人一人が良識を取り戻し、平和呆けから覚醒し、当たり前の危機感を持つべきである。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

長鯨

Author:長鯨

最近の記事

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。