七生報国 天皇陛下万歳

昭和維新の春の空 正義に結ぶ丈夫が  胸裡百万兵足りて 散るや万朶の桜花

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

國の備えを怠るな

東日本大震災による甚大な被害が明らかになっている。
お亡くなりになった方々に哀悼の意を捧げ、被災者の皆様、被災地の一日も早いご回復、復興をお祈り申し上げる次第である。

この未曾有の大震災で、国会は自然休会となっている。
与野党あげて、かかる現状の改善に力を尽くすのは当然であるが、しかしこんな時こそ、国防を怠ってはならない。国際社会からの援助、救援の手に感謝することとは別枠で、特定の国からの「火事場泥棒」のような行為を見逃していては、後に大きな禍根を残すことになるからだ。

松本新外相は早速、大きな過ちを犯したと聞くが、やはり未熟な民主党が政権の座にあっては、有事に於ける対応でも、国民は薄氷の上に座らせれているようなものである。

民主党菅政権の指揮では、今後の復興政策にも期待はできないだろう。

自衛隊は暴力装置と言って憚らない仙谷由人が、またもや官房副長官に任命され、事業仕分けで「百年に一度の大地震に備えるなんてナンセンスだ。」と、防災、災害対策費を削った蓮呆や、過去に自衛官を侮辱する言動の数々で有名な辻元きよみ等を復興対策に関らせていること自体、国民感情を逆撫でしているとしか思えない。

これ等の人事は当に、国民に「喧嘩を売っている」ような行為である。

国会が休会しているのを悪用するかのような民主党の対応ぶりを見ていると、この機を捉えて我が国を崩壊、解体させようと企んでいるのかと勘ぐってしまう。

現在の国内は自粛ムード一色で、それに反する発言をしたら、メディアが一斉にバッシングを始めるが、その世論誘導の姿勢には、復興を遅らせようと企む外国勢力からの「間接侵略」が潜んでいるのではないかと、私は疑いを持っている。

軽薄なお祭り騒ぎは確かに自粛するべきであるが、現在進行中の統一地方選挙の論点まで、災害対策一色にする必要はなかろう。

災害からの復興には、政治の力が必要不可欠であり、早期にそれを実現させるためには、見識も経験も豊かな閣僚を擁した政府でなければならない。

今こそ、無能な民主党を政権の座から外すことが重要であり、そのための政治論争まで、長期間自粛するのは愚かであると考えるのは、私だけではあるまい。

特に自衛隊を東日本復興支援のために大量投入している現在、島嶼防衛が疎かにならないよう、政府は万全の対策を取る必要があることを、声を大にして訴えるものである。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

長鯨

Author:長鯨

最近の記事

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。