七生報国 天皇陛下万歳

昭和維新の春の空 正義に結ぶ丈夫が  胸裡百万兵足りて 散るや万朶の桜花

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長らくのご無沙汰でした

長くブログを更新していなかったがその間、様々なことがあった。

三重県では60年ぶりに「保守の旗」をあげる知事が誕生した。それは快挙というより、悲願達成と言ったほうがよいくらい、三重県の保守陣営を喜ばせることであった。

中央政界では相変わらず、民主党政権を中心に、ただ迷走あるのみの国会運営が続いている。

大震災後の復旧復興政策、福島原発の事故収束などをみても、昨今の国会議員の資質が如何に凋落しているかが覗える。

混迷する日本社会のなかで国民の心の拠所は、天皇皇后両陛下のご存在であることは言うまでもないことである。東日本大震災においても尚、それは証明されている。

我が国はこれまで幾多の国難に見舞われ、国土は荒れ国民の疲弊著しい折も、両陛下は常に国民を慰め励ましてこられた。その大御心に応えようと国民は再び立ち上がり、国の繁栄に力を尽くして今日まで来たのだ。

このことは、日本民族の誇りでもある。

心卑しい政治家達に、我が愛する日本を潰させてはならない。

震災から立ち直って益々の繁栄を築くため、我々はまず、これまでの教育を見直し、更に政治に関心を持ち、地に足をつけた生活を再構築なければならない。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

長鯨

Author:長鯨

最近の記事

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。