七生報国 天皇陛下万歳

昭和維新の春の空 正義に結ぶ丈夫が  胸裡百万兵足りて 散るや万朶の桜花

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市民の党に渡った金の行方

産経新聞に度々掲載されているが、菅直人総理の資金管理団体「草志会」から計6250万円の献金が「市民の党」に渡っていたらしい。

この「市民の党」には、拉致事件で結婚目的誘拐容疑により国際手配されている森順子容疑者と、よど号ハイジャック犯の故田宮高麿元リーダーの間に生まれた長男(この男は今年4月の三鷹市議選に出馬したが落選)が所属している。

この6250万円の行方を調べてみる必要があると思う。

ここで私が疑念を抱いているのが、今も逃亡中の日本赤軍のメンバーやよど号犯の動向である。

よど号グループが、かつて逃亡生活を送っていた重信房子(日本赤軍最高指導者)と密接なつながりを持っていたことは、すでに知られるところである。

2000年に大阪府高槻市で逮捕された重信は翌年、獄中より「日本赤軍の解散」を発表したが、逮捕時に押収された資料によると、1991年から日本での「武力革命」を目的とした「人民革命党」及びその公然活動部門を担当する覆面組織「希望の21世紀」を設立していたこと、またそれを足がかりとして日本社会党との連携を計画していたことが判明している。

また、1997年12月から2000年9月までの間に、偽造パスポートで中華人民共和国などに計16回にも渡り、出入国を繰り返していたことが確認されている。

坂東國男や奥平純三を始めとする、日本赤軍のメンバーだった「革命戦士」とやらは、今も国際指名手配を受け逃亡中である。

またよど号犯たちは、その家族の多くが帰国して、現在も北鮮に残っているのは、若林とその妻である黒田佐喜子・赤木・魚本・小西と、故田宮の妻、森順子である。

そこで疑うのは、菅サイドからの多額の献金の一部が、市民の党やその関係団体を通じて、それらの者達に流れていたのではないかと言う事だ。

逃亡資金や活動費、帰国への働きかけのために使われていたのではないだろうか?

実際に重信は、国内に戻り一般市民を装って生活し、偽造したパスパートで自由に出入国を繰り返していたのだから、他の誰かがそれと同じ生活を送っている可能性はある。

これは実に重大なことである。徹底調査の上、事実を明らかにして貰わねばならないと思うのは、私だけではないだろう。
スポンサーサイト

*Comment

NoTitle 

民主党って反社会勢力と同根だったんですね。そんな政党に期待していた日本人は馬鹿ですね。
  • posted by  
  • URL 
  • 2011.07/27 20:24分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

長鯨

Author:長鯨

最近の記事

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。