FC2ブログ

七生報国 天皇陛下万歳

昭和維新の春の空 正義に結ぶ丈夫が  胸裡百万兵足りて 散るや万朶の桜花

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蘇りの妙薬

巷では、民主党の代表選が話題になっている。

馬淵…なんだか地味で、主義主張も掴みどころ無し。どちらかと言えば、首相を警護するSP向き。

鹿野…汚染稲わらの流出を阻止できず、本来は農水大臣を辞任するべきではないんかい?

野田…財務省のポチのような増税路線者。ブラック企業からの献金、私は決して忘れない。風体がまるで金満商人「越後屋」のようだ。

海江田…今度は「私を支持して~!」と泣くんかい???

樽床…このおっさんも掴みどころがない。軽い喋りは、場末の居酒屋のおやじを彷彿させ、総理大臣の重責が理解できているのかい???

前原…外国人からの銭、受け取って外相辞めたモンが、今度は総理かい???国民を舐めとるんか!

小沢(鋭)…あんた、電話一本で労組に200万円も出させて選挙していること、元政策秘書で現都議から聞いてるで~!代表選ではいくらオネダリするんや???

どいつもこいつも、日本を託そうとなどと、夢にも思えない連中である。

更に問題視せにゃならんのは、民主党代表選の度、小沢一郎が「息を吹き返す」ことである。

党内最大グループである小沢派を取り込むため、反小沢の旗を「ラブコール・小沢先生」に変え、ご機嫌伺いに汲々とする様を嗤い、そしてまた、ある時は呆れつつ眺めている私である。

民主党の体質が決して改善しないのは、代表選でパワーゲームが繰り広げられる度、瀕死の小沢が蘇り、再び党内でキャスティングボードを握ることが原因のひとつである。

同党の代表選挙こそが、小沢の権力維持のための「妙薬」であると言えよう。

これだけも政権運営に大きな障りがあるというのに、多くの社会主義革命家まで抱えていて、これでは日本の国力が衰退するのは当然である。

民主党が政権を手にしている年月は、戦後の被占領期間(約7年)よりも短いだろうが、それ以上に急速度で日本を痛めつけている。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

長鯨

Author:長鯨

最近の記事

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。