七生報国 天皇陛下万歳

昭和維新の春の空 正義に結ぶ丈夫が  胸裡百万兵足りて 散るや万朶の桜花

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TPPの前にやるべきことがあるはず

茶番劇のような一日遅れの記者会見で、野田ドジョウ総理はTPPへの参加表明となる発言をした。

そもそもTPPへの参加は、将来的には避けて通れない道である。
なんせ宗主国の米国様が乗り気でいらっしゃるからだ。

自主防衛もせず、スパイ防止法さえ持たない「丸裸国家」である我が国が、国際社会での地位を確保するためには、米国様にしがみ付き続けるしかないのである。支那に併呑されるよりは、まだマシであるというのが、親米派と評される大半の日本人が持つ思いであろう。

会見では「守るべきは守り抜く」と大見得を切った野田ドジョウだが、そもそも所属政党である民主党の党是が「外国人への参政権付与」であるのだから、ここにも大きな矛盾が明らかである。

TPP参加推進か反対かの二極論ではなく、参加して国益を確保するには如何なる対策が必要かとか、不参加の場合、どのような代替策で以って国際競争を勝ち抜くのかなど、考えねばならないことが山積している。

いつから我が国は、何かにつけて二極に分かれての揚げ足取りに汲々とし、事の本質を探る力を無くしてしまったのか。先の「原発対立」においてもそうだった。

この点に私は、特定の思惑を持った他国の陰謀的誘導ではないかと疑っている。

その片棒を担いでいるのは大手メディアである。

国家繁栄の芽を摘むことが、彼ら最大の使命であるかのように、国運を左右する出来事が起こる度、徒にその議論を二極化させ、双方の極論者を煽り敵対させるばかりである。

どちらを選択しようが国益を確保するための対策を講じる議論を封じ、まるで子供の喧嘩のように、「シロ」か「クロ」かで決着をつけさせようとしている。

国家プロジェクトとは、「タマムシ」や「ハイイロ」であってもよいから、確実なる国益を確保し、それを以って固有の国柄を守るために機能させることではないのか。

またそれを実現させるには、何につけても自主憲法の制定が避けられない。

先ず、米国にキッパリ「NO!」と言える国になることだ。
スポンサーサイト

*Comment

同感 

三島先生の所から 流れてきました。
僕と同世代ですね、小5の時 夕刊配達の途中の出来事でした。
  • posted by labor98av 
  • URL 
  • 2011.12/08 17:20分 
  • [Edit]

マジパネェ! 

6D7376vJ
パチンコと競馬とFXで膨らんだ借金【150まん】・・・
一気に返せちゃいましたwwwwwwwwwww
エロお姉たま、Wで美味しい思いさしてもらってマジありがとうwwwwwwwwwhttp://www.google.co.tz/search?q=%20%0D%0D%20%09%0D+%0A%0A%09%0A%20++%0D%0D+%20%0D%0D%0Asite:%0D%09%EF%BD%87%09%EF%BD%81%EF%BD%8C%0D%EF%BC%8D%09%EF%BD%81%EF%BD%98%09%0D%0A%0D%EF%BD%99%0D%09%0A%09%EF%BC%8E%0A%0A%EF%BD%8E%0D%0D%EF%BD%85%EF%BD%94%0D%0A

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

長鯨

Author:長鯨

最近の記事

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。