七生報国 天皇陛下万歳

昭和維新の春の空 正義に結ぶ丈夫が  胸裡百万兵足りて 散るや万朶の桜花

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

汚泥内閣、誕生

野田ドジョウ汚泥内閣の顔ぶれが決定した。

帰化人あり、工作員あり、脳病患者ありの、相変わらずの売国奴展覧会である。

三代に渡る民主党政権が法相に選ぶのは、決まって究極の売国奴である。

ドジョウ内閣では平岡秀夫である。

以下、奴さんの経歴をご覧あれ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E5%B2%A1%E7%A7%80%E5%A4%AB

光市母子殺害事件で、担当の主任弁護士の変な言い分に賛意を示すようなおっさんである。

小宮山の厚労大臣にも仰け反ったが、圧巻は財務相や国家公安委員長に、態々特殊帰化人を充てる念の入れ様には、民主党内閣の反日度がバージョンアップし、いよいよ日本解体の仕上げにかかるのだろう。

因みに国家公安委員長は、拉致問題担当大臣と抱き合わせ人事である。
山岡賢次が就任とは、これもまた、ドジョウ内閣の不適格人事が露呈している。

常に余計なことを喋り、国民感情を逆撫でする山岡賢次であるから、マル秘の公安情報は流出するわ、家族会の気持ちを踏み躙るわで、桜田門と民族派団体の両方から、さぞや嫌われることであろう。

ドジョウ政権も早晩潰さねばならない。

それにしても民主党って政党は、同じ顔ぶれが違う椅子に座るだけの「着せ替え内閣」で、所属議員の層が薄いことを物語っている。

委員長経験者、議長経験者が大臣に就任という、未曾有の人事を行っていることも、この政党の未熟さを現している。

震災復興の道をつけたら、とっとと失せろや、ボケ

蘇りの妙薬

巷では、民主党の代表選が話題になっている。

馬淵…なんだか地味で、主義主張も掴みどころ無し。どちらかと言えば、首相を警護するSP向き。

鹿野…汚染稲わらの流出を阻止できず、本来は農水大臣を辞任するべきではないんかい?

野田…財務省のポチのような増税路線者。ブラック企業からの献金、私は決して忘れない。風体がまるで金満商人「越後屋」のようだ。

海江田…今度は「私を支持して~!」と泣くんかい???

樽床…このおっさんも掴みどころがない。軽い喋りは、場末の居酒屋のおやじを彷彿させ、総理大臣の重責が理解できているのかい???

前原…外国人からの銭、受け取って外相辞めたモンが、今度は総理かい???国民を舐めとるんか!

小沢(鋭)…あんた、電話一本で労組に200万円も出させて選挙していること、元政策秘書で現都議から聞いてるで~!代表選ではいくらオネダリするんや???

どいつもこいつも、日本を託そうとなどと、夢にも思えない連中である。

更に問題視せにゃならんのは、民主党代表選の度、小沢一郎が「息を吹き返す」ことである。

党内最大グループである小沢派を取り込むため、反小沢の旗を「ラブコール・小沢先生」に変え、ご機嫌伺いに汲々とする様を嗤い、そしてまた、ある時は呆れつつ眺めている私である。

民主党の体質が決して改善しないのは、代表選でパワーゲームが繰り広げられる度、瀕死の小沢が蘇り、再び党内でキャスティングボードを握ることが原因のひとつである。

同党の代表選挙こそが、小沢の権力維持のための「妙薬」であると言えよう。

これだけも政権運営に大きな障りがあるというのに、多くの社会主義革命家まで抱えていて、これでは日本の国力が衰退するのは当然である。

民主党が政権を手にしている年月は、戦後の被占領期間(約7年)よりも短いだろうが、それ以上に急速度で日本を痛めつけている。

「終戦の日」を明日に控えて思うこと

何もかもが混迷している現在日本を、ご維新当時と重ねている人がいる。
今こそ、平成維新を起こして国家を変革するのだと、拳を力強く振り上げている。

かつての私もそうだった。クーデターによる変革を夢見ていた。
三島先生が決起なされたとき、なぜ自衛隊は共に立ち上がらなかったのかと、恨んだりもした。

戦後民主主義と決別し、理想とする国家体制が構築できるなら、この身を喜んで捧げたいとも考えていた。

しかしながらご維新が成功したのは、討幕軍が「錦の御旗」を戴くことが出来たからである。御旗のお蔭で討幕軍は「官軍」となり、朝廷に心を寄せる多くの国民を味方につけることが出来た故、260年間もの間、戦知らずで平和ボケした幕府を倒すことが出来たのだろう。

現在、我等の陣営がクーデターを試みようとも、「錦の御旗」が我が陣を飾ることは不可能である。

ここに私は、クーデターの成功は不可能であると断言せざるを得ないのである。

それならば戦後民主主義とやらに法って、牛の歩み以上に遅い速度で、地道な運動を続けねばなるまい。

これが私の人生最大のストレスである。

先日、思いもよらぬ「腸の病」を発症した。主治医から「この病はストレスが原因です。何かお悩みのことがあるのでしょう。よければ話してくれませんか?」と言われ、迷った挙句「現在の日本の状況が許せません。それ以外の悩みなんて、取るに足らないものです。」と打ち明けてみた。

凡そ医師なんて奴は、反戦平和を美徳のように有難がる大馬鹿者であるから案の定、「そんなことでお悩みなんですか?」と驚いていた。

先の戦争を境に、国民の民度は低下の一途を辿り、すべて進駐軍の策略通りになっている。

アメ公如きに段取りされた「戦後民主主義」という毒薬は、腹立たしいことに今やすべてと言ってよいほど、国民の間に浸透してしまっている。

所詮米国なんて国は、一皮むけば支那と何ら変わりない図々しい国なのに、国防を委ね続けてきた歴代政府の間抜けぶりをあらためて痛感する次第である。

明日は66回目の「終戦の日」である。

三重県護国神社で行われる「英霊感謝祭」に出掛ける予定であるが、戦後日本人はまず、御霊に対して感謝の前に「謝罪」をしなければならないのではないか?

進駐軍から押し付けられた憲法を、一字一句たりとも変えられずにきたことを真摯にお詫びし、我が命尽きるまで運動を続け、その志を必ずや後世に引き継がせることをお誓い申し上げねばならない。
*CommentList

北鮮の傀儡政権を選んだのは誰だ!

市民の党との親密な関係が暴かれつつある現在、やはり民主党は私の想像通り、北朝鮮の傀儡であると断言できよう。

思えば二年前、民主党が政権を手にした途端、北朝鮮政府は日本国内の労組に「民主党政権の攻略法」の研究をするよう、指令を出した。

ここでもまた、労組という組織が北朝鮮とズブズブの関係にあることを物語っている。しかもその労組とは、日教組をはじめとする革労系の労働者団体である。

それらの組織はやけに選挙運動に熱心で、選挙資金は出すわ、運動員も大量投入し、まさに民主党を支える根幹組織であることは、周知の事実であろう。

民主党は結党当時から隠れ赤議員の温床ともなっていた。

旧社会党が分裂し、多くの社会党系議員が民主党に流れ込んだが、実は彼らは「静かなる革命」を目指した連中で、国民に「民主党に行った社会党議員は、現実路線を選択した右派の政治家」と勘違いさせ、ジワジワと社会主義化を推進し、平和ボケ著しい日本国民が、ある日ふと気付いたら「社会主義国家」になっていたという、そんな構図を実現すべく政治活動を行ってきたに違いない。

明らかに馬鹿としか言いようがない社民党所属の議員のほうが、人間的にはずっと正直である。彼らが単独政権を執ることなどあり得ない。常に政界の一角で、意味不明なことを喚いてばかりの少数派というのが、彼らの役どころであるからだ。

それに比べて民主党は、ずっとずっと危険な政党であると言える。

二年前、民主党にコロリと騙された多くの国民は、次の総選挙では絶対に同じ轍を踏まないで貰いたいものである。

先日、知り合いの米国人に言われた。

「どんなに震災復興が遅れようが、日本の国益を失おうが仕方ない。民主党を選んだのは日本国民なのだから。」

選挙とは、まことに怖いものである。

「誰がなっても同じ」などと言って、選挙にすら行かない者にも、大きな責任があると言える。

北鮮の傀儡政権である言える民主党を再び選ぶような者は、もはや日本国民ではないと断言しよう。

かと言って、自民党がよいのかと問われれば、それも些か疑問であるが、民主党がズタボロにした外交防衛安全保障政策の立て直しが出来そうなのは、既成政党中、自民党しかない。

何時実現するのかわからないような「政界再編」や、「真正保守政党の旗揚げ」を待つ時間が、今のわが国には無い。

震災復興・経済再建・教育再生・島嶼防衛、どれもみな、喫緊の課題である。ベストが見当たらないなら、残念ながらベターな選択をするしかない。

しかしこれも、政治に関心を持たず、大衆迎合を良しとしてきた愚かな国民が招いた結果であろう。

市民の党に渡った金の行方

産経新聞に度々掲載されているが、菅直人総理の資金管理団体「草志会」から計6250万円の献金が「市民の党」に渡っていたらしい。

この「市民の党」には、拉致事件で結婚目的誘拐容疑により国際手配されている森順子容疑者と、よど号ハイジャック犯の故田宮高麿元リーダーの間に生まれた長男(この男は今年4月の三鷹市議選に出馬したが落選)が所属している。

この6250万円の行方を調べてみる必要があると思う。

ここで私が疑念を抱いているのが、今も逃亡中の日本赤軍のメンバーやよど号犯の動向である。

よど号グループが、かつて逃亡生活を送っていた重信房子(日本赤軍最高指導者)と密接なつながりを持っていたことは、すでに知られるところである。

2000年に大阪府高槻市で逮捕された重信は翌年、獄中より「日本赤軍の解散」を発表したが、逮捕時に押収された資料によると、1991年から日本での「武力革命」を目的とした「人民革命党」及びその公然活動部門を担当する覆面組織「希望の21世紀」を設立していたこと、またそれを足がかりとして日本社会党との連携を計画していたことが判明している。

また、1997年12月から2000年9月までの間に、偽造パスポートで中華人民共和国などに計16回にも渡り、出入国を繰り返していたことが確認されている。

坂東國男や奥平純三を始めとする、日本赤軍のメンバーだった「革命戦士」とやらは、今も国際指名手配を受け逃亡中である。

またよど号犯たちは、その家族の多くが帰国して、現在も北鮮に残っているのは、若林とその妻である黒田佐喜子・赤木・魚本・小西と、故田宮の妻、森順子である。

そこで疑うのは、菅サイドからの多額の献金の一部が、市民の党やその関係団体を通じて、それらの者達に流れていたのではないかと言う事だ。

逃亡資金や活動費、帰国への働きかけのために使われていたのではないだろうか?

実際に重信は、国内に戻り一般市民を装って生活し、偽造したパスパートで自由に出入国を繰り返していたのだから、他の誰かがそれと同じ生活を送っている可能性はある。

これは実に重大なことである。徹底調査の上、事実を明らかにして貰わねばならないと思うのは、私だけではないだろう。
*CommentList

左サイドMenu

プロフィール

長鯨

Author:長鯨

最近の記事

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。